記事一覧

育成講習会をおこないました!

2010年07月26日(月)10時54分

こんにちは、ブログ担当まつちかです。

我社では先日、1年以上店長を務めてきた社員を対象とした、育成講習会を行いました。実はこの講習会、去年の11月から定期的に行われており、今回がなんと最終回。会の最後には「決意表明」という大イベントが控えています。

「決意表明」とは、これまでの育成講習会で勉強してきたことをふまえ、これから自分がどうなっていきたいかという意志を社長や他社員の前で発表するものなのですが…その前に受講者12名は、それぞれに悩みや考えていることを打ち明け、考え、共有し合う場である松川商事恒例の「車座」に参加したり、「1カ月スケジュール作成」「キャリパス講座」という2つのカリキュラムをこなしたりしました。
カリキュラムの「1カ月スケジュール作成」講座では、店長が行うさまざまな仕事を1カ月のワークスケジュールとして作成したのですが、これがなかなか難しい。限られた時間の中で質の良い仕事をするためにはどうしたらいいのか?先の見通しをもってスケジュールを立てることの大切を勉強しました。
つづいてのキャリパス講座では、キャリアパスの基準や考え方を再確認し、実際に店舗においてキャリパスを行った先輩社員の体験談などをききながら、キャリパス後のアフターフォローの大切さなどを学びました。


さて、その後はいよいよ決意表明の作成にとりかかります。
 原稿用紙を前に、自分の思いをひとつひとつ言葉にしていくこと……真っ白なパソコンの画面に、書いては消し、書いては消し。そうやって自分の本当に伝えたいことを書きおこすのは、根気のいる作業です。しかし、こんな風に時間をかけて、じっくりと自分自身と対話することもなかなかないことですので、真剣に取り組みました。
ファイル 27-4.jpg
ファイル 27-5.jpg
 決意表明作成開始は午後2時。それから、食事や入浴の時間をはさみ、夜がきてもさらに書き続けること数時間。
 文面ができあがったころにはもう空が明るくなっていた、なんて人もいました。


 そんな人は、寝る暇もなく決意表明発表の時間がやってきます。
今まで一緒に講習を受けてきた仲間、そして社長を前に、これまでの自分自身についてや、嬉しかったこと、辛かったけれど乗り越えてきたさまざまな物事を振り返りながら、これからどういう人間になっていきたいかを、発表します
体は緊張感でさぞかしこわばっていたでしょうが、みなさんしっかりと話していました。
ファイル 27-1.jpg
ファイル 27-2.jpg
ファイル 27-3.jpg

そして、会のラストを飾るのが、講習会修了者授与式。
約半年間、よりよい店長を目指して講習会を受講してきた人全員に、修了証書が手渡されました。
りりしく、すがすがしい表情の受講者です。


この育成講習会で半年間学んできたこと。
それは、全部が大切なことだし、忘れてはならないものばかりだと思います。
しかし、それをただ「勉強した」だけで終わらせてはいけないとも強く感じます。
例えば、講習会の中ではコミュニケーションの勉強をしたのですが、そこで習ったことを習っただけにしていたり、習ったことをそのまま実践するだけではだめです。
コミュニケーションの取り方は人それぞれだし、その人らしい話題づくりや、その人らしい物事の伝え方だってあるはず。
要は、それも含めて、できるだけよりよいコミュニケーションをとるという「経験」を積むことが大切だと思うのです。だからこそ、学んだことの丸飲みでは意味がない。だからこそ、試行錯誤して自分のものにしなければならない。そしてそれを、恐れてはならない。
私は、そう感じています。

講習会は終わりましたが、そこで学んだこと、また同じ仲間と過ごす中で得られたことは、これから先もずっと残っていきます。
決意表明で固めた思いを忘れず、理想の自分・理想の店長にもっともっと近づいていけるよう、これからも邁進していきたいと思います。