記事一覧

車座&フィロソフィ講座行われました!

2010年10月11日(月)22時55分

みなさんこんにちは、ブログ担当の松近です。
今回は、先日行われた車座コンパとフィロソフィ講座、それから内定者リユースエリア見学会について、わたくし松近がレポートしたいと思います!

さてみなさん、我社の最新ニュースである、経営計画発表会の記事はお読みになられたでしょうか?
経営計画発表会とは、各エリアが気の節目ごとにこれまでの成果と今後の展望について発表する、とても由緒正しき(?)会合なのですが、実は、その経営計画発表会が終了したのち、これもまた由緒正しき大イベントとして、車座コンパと、その翌日に開かられるフィロソフィ講座というものが私たちを待っているのです。
車座コンパとは?というのはこれまでのブログの中でも紹介してきたと思いますが、社員が社長を囲んで輪になり、お酒を酌み交わしながら自分の思うことや考えていることを自由に話し、学びあっていく会のことです。
大体は班に分かれて行われ、私は第3班で、今回初車座参戦となる内定者さんたちと一緒に参加させていただきました。
ちなみに、私たちの班のお題は「自分の弱点について」。1人ひとり、どんな弱点をもっているのか告白しあい、それを克服していくためにどんなことをしているか、していくかなどを話しました。車座のポイントは「心を開く」こと。本音で語れば、他の人の話も自然と心にすっと入ってきます。取り繕ったりせず、真摯な気持ちで自分や相手の言葉に耳を傾けることができるのが、この会のいいところです。
会の終盤には社長からの厳しくかつあたたかいアドバイスもあり……決して堅苦しくはないものの、心地よい重みをもった車座コンパは、約2時間、夜も深まる米子皆生で行われたのでした。

ファイル 29-1.jpg
ファイル 29-2.jpg
ファイル 29-3.jpg

次の日のイベントはフィロソフィ講座です。
フィロソフィ、つまり哲学。働くうえで、というだけでなく、1人の人間としてよりよい生き方をしていくために大切な哲学を、社長自らが壇上に立ち、お話をしてくださいます。
お話の内容は毎回違うのですが(講座を通してシリーズとなっています)、今回は「よりよい仕事をするために」というテーマのもと、店長=リーダーとして、知識を得るだけではなく体得してこそ意味があることや、バランスのとれた人間性とはどんなものか、などのお話をきかせていただきました。
みなさん真剣な様子で学んでいますね。

ファイル 29-4.jpg
ファイル 29-5.jpg

フィロソフィが終了した後は、場所を移動して内定者さんたちのリユースエリア店舗見学会となったのですが……
なんだか記事が長くなってまいりましたので、この内容に関しては次のブログでお伝えしたいと思います。


それでは、また。