記事一覧

内定者リユースエリア店舗見学会を行いました!

2010年10月12日(火)09時06分

お疲れ様です!松近です。
今回は、前回予告したとおり、先日行われた内定者さんたちのリユースエリア店舗見学について紹介したいと思います。
ちなみに、リユースエリアって?という方が多いと思いますので紹介すると、リユースエリアとは、
ブックオフ(これはおなじみ、古本を取り扱ってます)
オフハウス(生活用品全般を取り扱ってます。たとえば服とか家電とか)
ホビーオフ(フィギュアなどのおもちゃを取り扱ってます)
ブラボー(洋服とか雑貨とかスポーツ用品などを取り扱うおしゃれなお店です)
という4つのお店が隣接して存在しているエリアの呼び名です。もちろんすべてのお店で扱っているのはお客様からお売りいただいたもの、つまりリユース商品です。だから「リユースエリア」。
内定者さんたちには、この我社の要素がぎゅぎゅっとつまったエリアを、社員と一緒に回っていただきました。その時の模様がこちら↓
ファイル 30-1.jpg
これは、ブックオフのスタッフさんから直接お店のことについてお話いただいている様子。

ファイル 30-2.jpg
ブラボーでのひとこま。お話されているのは柘植店長です。

内定者さんからは、加工や買取についての質問が多かったです。それだけそれぞれのお店のお仕事そのものに不安や期待をもってらっしゃるということなのでしょう。


なにはなくともまずは、スタッフさんたちとお店に立ち、汗水流していく中でいろいろなことを学ばせていただく!
研修生であっても店長になっても、これがこの仕事の基本のキですので、内定者さんたちも入社されれば、「わたし入る前はこんなこと不安に思っていたなぁ」と感慨深く思い出されることと思います。そうしてそんなことを思い出す頃には、百冊の本の山でもなんなく加工したり出したりできているはず……


そんな、遠くない未来を楽しみに入社してくださればいいな、と考える松近なのでした。