記事一覧

店長育成プログラムを開催しました。

2011年06月09日(木)15時32分

みなさんはじめまして!
オフハウス松江黒田店の衣川(きぬがわ)です。
実はみなさんにお知らせしたいニュースがあって、この場をお借りしております。
先月24日に今年の新入社員を対象とした店長育成プログラムが行われました。
店長育成プログラムとは、店長として必要な知識やスキルを6ヶ月間の講習で身につけ、修了後に店長として赴任するための重要な勉強会です。
一昨年から始まり今年で3クール目となります。
4月に入社式を迎えた初々しい6名の金の卵たちもこのプログラムに臨みました!

第1回目の今回はプログラム参加にあたっての意気込み発表と、2つの講座が開かれ、金の卵たちは緊張しながらも立派に意気込み発表を行い、そのまま講座へと突入していきました。
最初の講座は「ハウスルール講座」
普段自分達が守っているお店のルールを改めて考える講座です。
インストラクターは 柘植暢浩 店長。
過去の経験を交えながら、金の卵たちに伝えていました。
ファイル 33-1.jpg
手に持っている資料をほとんど見ることなく伝えている姿は本当に凄かったです!

休憩を挟んで次に行われたのが「コミュニケーション基礎講座」
今まで過ごしてきた環境から慣れない環境へ異動し、店舗で働くスタッフさんとのコミュニケーションに悩んでいた金の卵たちは、真剣に講習を受けていました。
インストラクターは私 鬼怒川 がやらせていただきました。
本当の字は衣川ですが、上の漢字が有名なため、皆様から愛称をこめて鬼川(おにがわ)と呼ばれております(笑)
講座の途中、鬼からの無茶振りに近い質問に対して、流しながら返答する金の卵たちを見て、たくましさを感じる瞬間もありました。
ファイル 33-2.jpg
全ての講座終了後、食事・入浴を経て、松川商事恒例の車座へと突入しました。
今回の車座は完全フリーで始まり、ビール片手に有名アイドルグループの話からファッションの話など、常に笑いが絶えない時間となりました。
ファイル 33-3.jpg
もちろん、真面目な話もしましたよ。気がつけばあちこちで現在の悩み相談や店舗での仕事について話が行われ、深夜2時過ぎまで話をしていたグループもあったようです。
ちなみに私の就寝時間は3時を回っていました・・・。
会の最後には金の卵たち全員に次回までのコミットメント(絶対達成の約束事)を発表してもらい、1回目のプログラムが終了となりました。
次回プログラムの金の卵たちによるコミットメント報告が楽しみです。
2回目は6月20日に行われる予定なので、ブログをご覧のみなさんにはまた報告させていただきます。
ファイル 33-4.jpg


 

季節外れの・・・

2011年01月07日(金)17時03分

米子は観測史上初めての豪雪に見舞われました。

やっと雪が解け、普通の生活が送れそうです。

さて、12月20日に恒例となっています児童文化センターさんへの

図書の寄贈を行いました。スタッフの方2名に店舗を回っていただ

き、200冊余りを寄贈させていただきました。

また、今日、季節外れのサンタ(Aマネージャー)がプレゼントを

持って行きました。なぜAマネが選ばれたか?それは秘密です!!

ファイル 31-3.jpg

寄贈のニュースも図書室便りにも載っています。

ファイル 31-2.jpg

なんと、じどぶんさんの蔵書の2割ぐらいが寄贈させていただいた

物になっていると聞き、とてもうれしいかぎりです。

サンタは、こちらのブログにもアップされるそうなので、

アクセスしてください!!

http://blog.zige.jp/jidobun-tubuyaki/


 

内定者リユースエリア店舗見学会を行いました!

2010年10月12日(火)09時06分

お疲れ様です!松近です。
今回は、前回予告したとおり、先日行われた内定者さんたちのリユースエリア店舗見学について紹介したいと思います。
ちなみに、リユースエリアって?という方が多いと思いますので紹介すると、リユースエリアとは、
ブックオフ(これはおなじみ、古本を取り扱ってます)
オフハウス(生活用品全般を取り扱ってます。たとえば服とか家電とか)
ホビーオフ(フィギュアなどのおもちゃを取り扱ってます)
ブラボー(洋服とか雑貨とかスポーツ用品などを取り扱うおしゃれなお店です)
という4つのお店が隣接して存在しているエリアの呼び名です。もちろんすべてのお店で扱っているのはお客様からお売りいただいたもの、つまりリユース商品です。だから「リユースエリア」。
内定者さんたちには、この我社の要素がぎゅぎゅっとつまったエリアを、社員と一緒に回っていただきました。その時の模様がこちら↓
ファイル 30-1.jpg
これは、ブックオフのスタッフさんから直接お店のことについてお話いただいている様子。

ファイル 30-2.jpg
ブラボーでのひとこま。お話されているのは柘植店長です。

内定者さんからは、加工や買取についての質問が多かったです。それだけそれぞれのお店のお仕事そのものに不安や期待をもってらっしゃるということなのでしょう。


なにはなくともまずは、スタッフさんたちとお店に立ち、汗水流していく中でいろいろなことを学ばせていただく!
研修生であっても店長になっても、これがこの仕事の基本のキですので、内定者さんたちも入社されれば、「わたし入る前はこんなこと不安に思っていたなぁ」と感慨深く思い出されることと思います。そうしてそんなことを思い出す頃には、百冊の本の山でもなんなく加工したり出したりできているはず……


そんな、遠くない未来を楽しみに入社してくださればいいな、と考える松近なのでした。


 

車座&フィロソフィ講座行われました!

2010年10月11日(月)22時55分

みなさんこんにちは、ブログ担当の松近です。
今回は、先日行われた車座コンパとフィロソフィ講座、それから内定者リユースエリア見学会について、わたくし松近がレポートしたいと思います!

さてみなさん、我社の最新ニュースである、経営計画発表会の記事はお読みになられたでしょうか?
経営計画発表会とは、各エリアが気の節目ごとにこれまでの成果と今後の展望について発表する、とても由緒正しき(?)会合なのですが、実は、その経営計画発表会が終了したのち、これもまた由緒正しき大イベントとして、車座コンパと、その翌日に開かられるフィロソフィ講座というものが私たちを待っているのです。
車座コンパとは?というのはこれまでのブログの中でも紹介してきたと思いますが、社員が社長を囲んで輪になり、お酒を酌み交わしながら自分の思うことや考えていることを自由に話し、学びあっていく会のことです。
大体は班に分かれて行われ、私は第3班で、今回初車座参戦となる内定者さんたちと一緒に参加させていただきました。
ちなみに、私たちの班のお題は「自分の弱点について」。1人ひとり、どんな弱点をもっているのか告白しあい、それを克服していくためにどんなことをしているか、していくかなどを話しました。車座のポイントは「心を開く」こと。本音で語れば、他の人の話も自然と心にすっと入ってきます。取り繕ったりせず、真摯な気持ちで自分や相手の言葉に耳を傾けることができるのが、この会のいいところです。
会の終盤には社長からの厳しくかつあたたかいアドバイスもあり……決して堅苦しくはないものの、心地よい重みをもった車座コンパは、約2時間、夜も深まる米子皆生で行われたのでした。

ファイル 29-1.jpg
ファイル 29-2.jpg
ファイル 29-3.jpg

次の日のイベントはフィロソフィ講座です。
フィロソフィ、つまり哲学。働くうえで、というだけでなく、1人の人間としてよりよい生き方をしていくために大切な哲学を、社長自らが壇上に立ち、お話をしてくださいます。
お話の内容は毎回違うのですが(講座を通してシリーズとなっています)、今回は「よりよい仕事をするために」というテーマのもと、店長=リーダーとして、知識を得るだけではなく体得してこそ意味があることや、バランスのとれた人間性とはどんなものか、などのお話をきかせていただきました。
みなさん真剣な様子で学んでいますね。

ファイル 29-4.jpg
ファイル 29-5.jpg

フィロソフィが終了した後は、場所を移動して内定者さんたちのリユースエリア店舗見学会となったのですが……
なんだか記事が長くなってまいりましたので、この内容に関しては次のブログでお伝えしたいと思います。


それでは、また。


 

児童文化センターさんに図書を寄贈しました!!

2010年08月06日(金)12時27分

いやー ほんとに熱い日が続きます・・

先日 児童文化センターさんに図書の寄贈に伺いました。

館内は、大勢の親子連れであふれかえっていました。

そういえば、夏休みなんですねー

職員の山根さんにごあいさつし、「いま、頂いた本にカバーを

付けているところなんです。」

ファイル 28-1.jpg

すごく丁寧に扱っていただき「恐縮です」

これらの本が、米子の子供たちの成長に少しでも役に立てばいいな

と改めて思いました。

暑い夏はまだしばらく続きますが、児童文化センターさんで涼しい

環境の下、読書するのも一興かも。

ファイル 28-2.jpg


 

育成講習会をおこないました!

2010年07月26日(月)10時54分

こんにちは、ブログ担当まつちかです。

我社では先日、1年以上店長を務めてきた社員を対象とした、育成講習会を行いました。実はこの講習会、去年の11月から定期的に行われており、今回がなんと最終回。会の最後には「決意表明」という大イベントが控えています。

「決意表明」とは、これまでの育成講習会で勉強してきたことをふまえ、これから自分がどうなっていきたいかという意志を社長や他社員の前で発表するものなのですが…その前に受講者12名は、それぞれに悩みや考えていることを打ち明け、考え、共有し合う場である松川商事恒例の「車座」に参加したり、「1カ月スケジュール作成」「キャリパス講座」という2つのカリキュラムをこなしたりしました。
カリキュラムの「1カ月スケジュール作成」講座では、店長が行うさまざまな仕事を1カ月のワークスケジュールとして作成したのですが、これがなかなか難しい。限られた時間の中で質の良い仕事をするためにはどうしたらいいのか?先の見通しをもってスケジュールを立てることの大切を勉強しました。
つづいてのキャリパス講座では、キャリアパスの基準や考え方を再確認し、実際に店舗においてキャリパスを行った先輩社員の体験談などをききながら、キャリパス後のアフターフォローの大切さなどを学びました。


さて、その後はいよいよ決意表明の作成にとりかかります。
 原稿用紙を前に、自分の思いをひとつひとつ言葉にしていくこと……真っ白なパソコンの画面に、書いては消し、書いては消し。そうやって自分の本当に伝えたいことを書きおこすのは、根気のいる作業です。しかし、こんな風に時間をかけて、じっくりと自分自身と対話することもなかなかないことですので、真剣に取り組みました。
ファイル 27-4.jpg
ファイル 27-5.jpg
 決意表明作成開始は午後2時。それから、食事や入浴の時間をはさみ、夜がきてもさらに書き続けること数時間。
 文面ができあがったころにはもう空が明るくなっていた、なんて人もいました。


 そんな人は、寝る暇もなく決意表明発表の時間がやってきます。
今まで一緒に講習を受けてきた仲間、そして社長を前に、これまでの自分自身についてや、嬉しかったこと、辛かったけれど乗り越えてきたさまざまな物事を振り返りながら、これからどういう人間になっていきたいかを、発表します
体は緊張感でさぞかしこわばっていたでしょうが、みなさんしっかりと話していました。
ファイル 27-1.jpg
ファイル 27-2.jpg
ファイル 27-3.jpg

そして、会のラストを飾るのが、講習会修了者授与式。
約半年間、よりよい店長を目指して講習会を受講してきた人全員に、修了証書が手渡されました。
りりしく、すがすがしい表情の受講者です。


この育成講習会で半年間学んできたこと。
それは、全部が大切なことだし、忘れてはならないものばかりだと思います。
しかし、それをただ「勉強した」だけで終わらせてはいけないとも強く感じます。
例えば、講習会の中ではコミュニケーションの勉強をしたのですが、そこで習ったことを習っただけにしていたり、習ったことをそのまま実践するだけではだめです。
コミュニケーションの取り方は人それぞれだし、その人らしい話題づくりや、その人らしい物事の伝え方だってあるはず。
要は、それも含めて、できるだけよりよいコミュニケーションをとるという「経験」を積むことが大切だと思うのです。だからこそ、学んだことの丸飲みでは意味がない。だからこそ、試行錯誤して自分のものにしなければならない。そしてそれを、恐れてはならない。
私は、そう感じています。

講習会は終わりましたが、そこで学んだこと、また同じ仲間と過ごす中で得られたことは、これから先もずっと残っていきます。
決意表明で固めた思いを忘れず、理想の自分・理想の店長にもっともっと近づいていけるよう、これからも邁進していきたいと思います。


 

単独説明会を行いました!

2010年06月09日(水)09時57分

みなさん、こんにちは。
ブログ担当の松近です。

さて、我社では、去る5月31日、就職活動中の学生さんにむけての単独説明会を開かせていただきました。

わたくし松近も、社員代表の一人として参加し、つたないながらも、自分が入社してから体験したこと、感じたことなどを発表させていただきました。きいていただいた学生のみなさんは、本当にありがとうございました。

会の内容としては、会社案内のDVD上映→私の体験発表をはさみ→最後、学生のみなさんと直接お話しをする「質問会」の実施、と、時間的にはあまり長いものではありませんでしたが、今回の単独説明会に参加したことで、とても考えさせられたことがひとつ、ありました。


それは、自分の人生をどう生きるか、ということです。


字で書くとなんだか重苦しく、考えることを思わず敬遠してしまいそうですが、これはとても大切な事柄です。自分の人生をどう生きるのか?
同じく説明会に参加した社員の方とも話していたのですが、就職活動という人生の中で大きな決断をしなければならない段階にいても、自分の人生を「自分の人生」として本当に捉えることのできている学生さんは、あまりいないのではないでしょうか。
それは、責めたり馬鹿にしたりしているわけではなく、自分もそうだったから。学生の時は、なんだか流されるままに生きていたと思います。だって、それまでの人生の中で自分で絶対に決定を下さなきゃいけないような大きな事柄なんて、なにがあったでしょう?少なくとも私には、思いつきません。


だからこそ、この就職活動中に、学生を卒業したその後の人生のことを、しっかりと考えておかなければならないと思うのです。変な言い方かもしれませんが、社会人になれば、その人の人生は本当に「その人のもの」になります。どこに行くか、なにをするか、どんな風になっていくのか、その決定権はすべて自分自身に下りてきます。たとえばその瞬間、後悔したくない。あの時もっと自分の生き方を考えておけば、なんて、思いたくない。


自分の人生は自分の人生として、納得して生きていく。それがとても重要だと思います。どんな会社に就職するのか、あるいは就職しないのか、もっと勉強を続けていくのか、あるいはどれとも違う道に進むのか。その、もしかしたら初めてになるのかもしれない大きな決断を、大切にしてほしい。
偉そうなことばかり言ったかもしれませんが、そんなことを今回、考えました。

あなたは、どう生きていきますか?


 

5月になりました!

2010年05月10日(月)00時15分

みなさんこんにちは!
ブログ担当、研修生の松近です。


5月になりましたね!
5月の大型連休、みなさんはどのように過ごしましたか?
私が勤務しているブックオフ皆生店では、ゴールデンウィークにセールを行いました!

もちろん、ブックオフ皆生店のセールです。
ただ本やCDがお安くなるだけではありませんよ。

みんなで黄色いハッピを着用!
地声でセール内容を告知!

しながら、とってもにぎやかに、みんなで盛り上がっちゃいました!
その様子、どうぞご覧下さい!
ファイル 25-1.jpg
ファイル 25-2.jpg
ファイル 25-3.jpg
ファイル 25-4.jpg
ファイル 25-5.jpg

************

実は、4月の半ば頃から、皆生店には大きな変化が起こりました。

なんと!
新しい店長が着任されたんです!

今までなじんできたやり方や、習慣は、新しい店長が入ってきたことでちょっとずつ変化をしていて…

一緒に働くみんなは、戸惑いを見せる場面もありますが、新しい店長がみせてくれる、今までとは違った考え方を吸収したりして、どんどん新しく成長していこう!と今まさにがんばっている最中です。


環境が変わるのって、緊張もしますけど、やっぱりどきどきわくわく。いいものですよね。
進級、進学、就職、と、人生の中にはいくつもの「新しい瞬間」が用意されています。
そんな時、周りにいる仲間が、そして会社が、変わる自分をしっかりと支え応援してくれたら…
とっても心強いですよね。
私にとって松川商事は、そんな会社なのです。


さて。
これまで研修生だった私にも、新しいスタートの場が用意されました。

どんな場かって?






・・・それはまた次回、改めて報告させてもらいますね。






それではまた!


 

新歓コンパを行いました!

2010年05月03日(月)18時21分

こんにちは。ブログ担当松近です。

春ですね。
春といえば、新しい物事がスタートする、希望あふれる季節です。
我社でも先日、新たな仲間を迎え入れるべく、新入社員歓迎コンパを行いました!
入社されたのはこの2人。
ファイル 24-1.jpg
加藤さん。
ファイル 24-2.jpg
松川さん(左のめがねの人、あ、どっちもめがねですけど)です。


加藤さんは、これまでずっとスタッフとして働いてくれていた方だったのですが、今回を期に社員として入社されました。
スタッフ時代から会社のイベントにはよく参加されていて、何度も顔を合わせているので、新入社員だといわれても、なんだか少し不思議な感じです。


松川さんは、これまでずっとブックオフ本部の直営の店舗で働かれてた方です。
入社と同時にブックオフ皆生店の店長となり、早くもばりばり活躍されています。

夜7時から始まった新歓コンパは、お鍋を囲んでの和やかな雰囲気。
ファイル 24-3.jpg
お酒を注ぎつつ、注がれつつ、席も自由に移動して、話に花が咲いております。
ファイル 24-4.jpg


ひととおり食事も終わったところで、参加した社員1人ひとりから、新入社員お2人にむけて激励の言葉が送られました。
が、しかし。
松川商事のお酒の席です。ただ話しをするだけで終わるわけありません。
というわけで、コメント1人2分の制限時間をオーバーすると、鍋蓋(!)につがれたお酒を一気する、というペナルティが付けられました。
ファイル 24-5.jpg
2分オーバーしてしまったのでしょう。鍋蓋に、なみなみと日本酒が注がれております。
ファイル 24-6.jpg
中には、制限時間オーバーしていないのに、自ら志願して一気する方もおられました。
さすがです。


はなむけの言葉が送られた後は、新入社員お2人からの決意表明です。
ファイル 24-7.jpg
会社に入り、不安や戸惑いもある中で、それでもお2人の口からは、まっすぐに前向きで、未来への野望に満ちた言葉をたくさんきくことができました。
ファイル 24-8.jpg

今回のコンパに参加していて、私は1年前の、自分が迎えてもらう側だった時の新歓コンパを思い出していました。
「わからないことがあったら、なんでもきいてください」
「なにかあった時は、いつでも相談してください。必ず力になります。」
激励の言葉の中には、何度もそんな台詞が出てきていて、私もこうやって声をかけてもらいながらこの会社に入ったんだったな、と改めて思いました。
苦しいときには支えあえる。嬉しい時にはめいっぱい一緒に喜び合える。誰もが決して1人ではなくて、いつでもそばには仲間がいて、同じ思いを共有できる。
この会社のそんなところが、私はとても好きです。

新歓コンパの最後には、ちょっとしたサプライズ。
4月生まれの社長のお誕生日を祝って、社員からお酒のプレゼントが渡されました。
ファイル 24-9.jpg

新歓コンパはその後、怒涛の2次会へと突入!
長い夜は、おいしいお酒と料理と、新しい仲間との楽しい会話で、あっという間にふけていきました・・・・・・


 

リクルート活動を行ってきました!

2010年04月15日(木)20時20分

みなさんこんにちは。
ブログ担当者の社会人1年生、松近です。


さて、我社では今年に入ってからずっと、未来の仲間と出会うため、リクルート活動を行ってまいりました。

本格的に活動をはじめたのは2月。
山陰を中心に、様々な場所で開催された合同企業説明会に参加し、そこを訪れた学生さんたちにお話をきいていただきました。
ファイル 21-1.jpg


「私たちのブースに学生さんたちはきてくれるかしら?」
そんな不安もありましたが、写真を見ていただければわかるとおり、たくさんの学生さんたちが興味を持って我社のブースにきてくれました。
ありがとうございました。
合説に参加したスタッフも、うれしさのあまり後ろにあるカメラをわざわざ振り返って、喜びをアピールしています。
ファイル 21-2.jpg

合説で興味をもってくれた学生さんには、単独説明会にも参加していただき、我社のことをより深く知っていただきました。
単独説明会には社長も来られ、学生さんたちと直接言葉を交わされることもありました。

そして、選考会。
「この会社で働いてみたい」
そう思ってくれた学生のみなさん1人ひとりと、たくさんの言葉を交わすことができました。

就職活動をしていく中で、選考会というのは説明会に比べ格段に緊張度が上がるステップなのですが、社会人になって思い返してみると、本当は特に緊張するものでもなかったのかな、と思います。

会社は、説明会で自分のことを話します。
だから今度は、学生の側が自分のことを話す。

よく考えてみればそれは、緊張するステップというより、お互いをより分かり合うための希望あふれるステップなのではないでしょうか。


先日、選考会は最終日を迎えました。
次に待つのは役員面接です。
会社と就活生、惹かれあい、歩み寄り、出会いを形にするまであと少しです。
フレッシュなパワーをもった新しい仲間と、未来について語り合える日を、社員一同楽しみにしています。
ファイル 21-3.jpg


 

ページ移動